作り置きパンに初挑戦 & 二度目の挑戦。両レポ。

パンずぼらレシピ
スポンサーリンク

こんにちは〜。

本日は、とに子初挑戦の「作り置きパン」をご紹介。昨今、作り置き常備菜が大ブームですが、まさかまさか、パン生地まで作り置きできるとは!

いや〜知った時にゃほんと驚きましたよ。ということで今回は、1回目2回目リベンジのレポを載せますね。

スポンサーリンク

作り置きパンに初挑戦・1回目レポ

まず材料。
6つです。たったの6つ。バターいらず!

これで、こね上がり450gになります。

 

では作り置きパンを作っていく!

f:id:mjaloha:20180214115907p:plain

(1)粉類3種をボールに入れ、泡立器や菜箸でぐるぐる混ぜる。

(2)別容器に牛乳&水を入れてからイーストを投入。イーストが沈んだら1のボールへ入れる。

(3) 混ぜる、そして丸める。

 

f:id:mjaloha:20180214115935p:plain

f:id:mjaloha:20180214120027p:plain

(4)容器に保存、冷蔵庫で寝かす。(発酵)

ちょうどいい大きな容器がなかったので、2分割しちゃいました。1.5〜 2倍ほど膨らむとあったので。
あと、丸めるのはボコボコしてても大丈夫ってレシピ本に書いてありました。はい。ボコボコっす。

 

 そして   ひと晩 (正確には8時間程)

 

 

f:id:mjaloha:20180214120138p:plain
翌朝です。お〜〜〜〜!!!
確かに膨らんでます。さらにフタを開けてみると・・・

 

f:id:mjaloha:20180214120230p:plain
凄いおっきくなってる!ワッショーイ!
では工程を再会です。

 

 

f:id:mjaloha:20180214120305p:plain
(5) 切って丸める。(参考にしたレシピ通り、打ち粉してやってみました。)

 

 

f:id:mjaloha:20180214120327p:plain
(6) 焼く

 

 

f:id:mjaloha:20180214120403p:plain

焼き上がりです。
フライパンとトースター、どちらも挑戦。
ん〜微妙。ビジュアル微妙〜。

まず、真ん中が焼けてるかが見極められなかったし。まあこれは場数で感覚を掴んでいくしかないのかな。

あとトースターは焦げやすいので難しかった途中あわててアルミホイル被せましたが。多分もう少し平らにしたら焦げにくいのかな?

とに子
とに子

で、気になるお味は???

これが予想より美味しかった!

ふわふわ感はほぼない。でももちもち感がハンパない!ずっしりしてて好きなタイプ。

あと、焼き上がった直後は間違いなく美味しいので、マーガリンじゅわ〜おいし〜、最高〜。

とに子
とに子

で、なんと驚いたことに!

冷めてからも美味しかった!これは予想外!この微妙なビジュアルからは想像できないぐらいイケてました。塩っけもしっかりしてるし、小腹が空いた時にちょうどいい。冷めてももちもち

とりあえず1回目の初挑戦は「ビジュアルひどいけど美味しい」という結果に。

 

作り置きパン・2回目リベンジのレポ

さあ、美味しかったので、次の日にまたすぐチャレンジしました。

でも・・・作り置きパンなのに、美味しくて家族ですぐ全部食べちゃって。こりゃ作り置きにならん、と。なので、2回目は初回の倍の量を作る事にしました。

でもでも、2回分の粉を一気に混ぜられる自信がなかったので、粉類を混ぜる行程は2回に分けてやりましたよ。

では作り置きパン2回目!作っていく。

f:id:mjaloha:20180214121132p:plain

(1)粉類をどんどん入れる。
2回目ということで、若干慣れ、スケールで計りながらジャンジャン入れていきます。デジタルスケール便利

 

f:id:mjaloha:20180214121219p:plain

ふんわりふわふわまぜておきまーす。

 

 

f:id:mjaloha:20180214121300p:plain

(2)牛乳ドライイースト
こちらも便利な計量カップ! 上から目盛りが見えるようになってるので、ジャンジャン入れていける。byダイソー。(ドライイーストは3g=小さじ1のスプーンでラクラク計量)

 

 

f:id:mjaloha:20180214121411p:plain

(3)混ぜる。そして丸める。
初回時、混ぜはじめ指にべっちょり付いたので、ある程度まではゴムベラで混ぜてみました。こちらの方がやりやすかったです。

 

 

f:id:mjaloha:20180214121446p:plain

で、以上を2回作り・・・2回分完成。

(4)保存容器に入れ、冷蔵庫で寝かします。(発酵)

分りづらくてスミマセン。これで出来上がり量が900g(450g×2)です。大きいジップロックコンテナが吊り戸棚に眠ってたので引っぱり出してきました。

 

 

 そして また  ひと晩 (正確には8時間程)

 

 

f:id:mjaloha:20180214121524p:plain

翌朝!

でーーーん。なにこの迫力。このだらしない感じ。
でもこれ成功かと。

 

 

f:id:mjaloha:20180214121555p:plain

(5)丸める。
で、丸めついでに、今回ちょっとだけ発酵させてみました。フライパンに並べてから→強火でフライパンをほんわか温めて消す→フタして10分。ってのを、やってみました。多分15分以上の方がよかったかな?朝ご飯に間に合わなそうだったので、焦って10分で切り上げてしまいました。でも、ほんのすこ〜し膨らんだかな。

(でもこのちょい発酵省いても大丈夫です)

 

 

f:id:mjaloha:20180214121623p:plain

(6)焼く。出来上がり〜!
初回でトースターは難しいと感じたのでフライパン一択で。フタをして、両面各8分程焼きました。美味しく出来ました。

 

残りは、ガス抜きしつつ丸めて、また冷蔵庫へ。

f:id:mjaloha:20180214121656p:plain

作り置きパンのまとめ

2回目とも美味しく出来上がりました。気付いたことは以下3点

気付いたポイント

  • 打ち粉しなくても全然平気かと。 この素晴らしい絶妙な配合により、ほとんど手に付かない。ほんと扱いやすいです。これなら子供も形成を手伝いやすい。逆に打ち粉した方が、子供がパッフンパッフン汚しまくるだろうと。てことで打ち粉なしでもいけると思います。

 

  • サイトによっては、保存容器に油分を塗っておくとくっつかないとありますが、私は初回も2回目も何も塗らずにおりました。それでも付いたのは  ↓↓ この程度 ↓↓   でしたので、私のような、多少付いてもいいや〜、みたいなズボラ人間は省いてよいかと。

f:id:mjaloha:20180214121728p:plain

 

  • あと、これ、2回に分けて作らなくても一気にいけると思います。 私は今回ビビって分けたけど大きいボールさえあれば、2回分の粉も混ぜられると踏んでいます。次回から一気に2回分やっていこうと思います。ただ、混ぜはじめの時、ちょっと慎重に混ぜないとぱふーんなりそうですが。

ということで、作り置きパンのレポ、以上です。

消費の早い我が家は、すぐに食べきってしまって、あんまり作り置きの意味を成してませんが、それでも夜のうちに準備しておけて、朝焼くだけなんて、ありがた過ぎる!

アレンジもいろいろ出来るようで、また書籍もいくつか出ているそうなのでチェックしてみようと思います〜。

タイトルとURLをコピーしました